大学生の時から筋トレを始めるべき理由3選

こんいちは。muscle-digdogです。最近はフィットネスブームが到来し街中にもジムが増えてきました。

そんな中で少しでも筋トレに興味がある大学生に言いたいことがあります。

それは…

 

「筋トレは大学生の時から始めておけ!!」

 

もうこれに尽きます。筋トレは何歳から始めても様々なメリットがあるのですが、今回は大学生の時から筋トレをやるべき理由について説明します。

 

 

 

①大学生には時間がある

これが一番の理由です。大学生は自由に使える時間が社会人と比べて圧倒的に多いです。

筋トレは短い時間でも行うことができるので、授業の空きコマや学校おわりなどいつでも行うことができます。しかも一人でもできるので、自分の都合に合わせて時間を調節できます。

なにより、筋トレをした日は、何ともない一日も充実した日になるんですよね笑

 

また、筋肉を大きくすることは、筋肉を維持するよりも、難しいです。適切な筋トレに加え、正しい食事をしないと筋肉はなかなか大きくなってくれません。

 

考えてみてください、社会人になると疲れている中、仕事終わりや休日に筋トレをするだけでも大変なんです。まして、それプラス正しい食事を毎日とるのは難しいです。どうしても、お金に余裕があって、仕事で疲れていたら食生活も乱れてしまいますよね笑

 

そこでぼくがオススメなのが…

 

大学卒業までに自分の理想とする筋肉を完成させ、社会人になってからはその筋肉を維持するようなトレーニングをするのが良いと思います。

 

まあ、筋トレにはまってしまったら、理想の体になったとしても、さらなる理想の体を求めてしまって、きりがないんですけどね笑

 

社会人よりも時間に余裕があり、食事も管理しやすい大学生は筋肉を大きくするのに絶好の機会なのです。

まあ、とにかく時間を有効に使って、後悔しない大学生活を送りましょう。

 

②太りにくい体になる

筋肉量が多くなるほど基礎代謝が高くなり、一日の消費カロリーが勝手に多くなってくれます。さらに筋トレをしていると、筋肉の回復のために栄養が多く使われるので、脂肪が付きにくくなります。

 

実際、僕も筋トレによって太りにくくなっていると実感しています。

筋トレをしていない体重が65kgの時と、筋トレをして体重が70kgになった時を比べると、信じられないかもしれませんが、体重が70kgの時の方が65kgの時よりも見た目が痩せていたんです。脂肪よりも筋肉の方が重いので、体重が増えても見た目は太って見えないのです。

 

社会人になると仕事から帰っても疲れているので自炊することが難しくなり、食生活が乱れてしまう可能性が高いです。しかも、社会人になるとお金に余裕ができるので、仕事の疲れやストレスからお酒を飲む機会や暴飲暴食が増えます。その結果、社会人になってから急激に太ってしまったという人が急増するのです。

大学生のうちに太りにくい体をつくってしまえば、社会人になっても体型を維持することができます。

 

③食生活が改善される

大学生は一人暮らしの方も多く、食生活が乱れがちです。しかし、ジムに通うことで間違いなく食生活が改善されます。なぜなら、筋トレを始めると食生活に気をつかうようになるからです。筋肉を大きくするにはただ筋トレをすればいいというものではありません。正しい食事に加えて筋トレをすることで大きな効果を得ることができます。

 

僕も筋トレにはまってからはお菓子やジュースを買うことがほとんどなくなりました。しかも、お菓子を食べることを我慢しているのではなく、自然と食べる回数が減っていき、最後にはわざわざ買って食べなくてもいいと思うようになりました。

さらに筋トレをして、自分の体がどんどん変わっていくと、向上心が増え、食事内容を気をつかい始めます。筋トレを始めるまではコンビニ弁当や外食が多かったのですが、今では、ほぼ毎日、自炊をしています。

健康的な食事をすると親も安心ですしね笑

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が大学生のうちに筋トレを始めるべき理由でした。

最後までご覧いただきありがとうございます!

この記事をみて、少しでも多くの人が筋トレに興味を持ってくれれば幸いです。

では、また。