毎日腹筋をしているのに割れない原因

誰もが腹筋を割りたいと一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

夏に向けて腹筋を割るために重点的に腹筋トレーニングをしている人は多いと思いますが、毎日、腹筋をしているはずなのに、まったく腹筋が割れず挫折してしまったことがある方もいると思います。多くの方が努力のベクトルが違う方向に向いているので、腹筋が割れない可能性が高いです。

今回は腹筋が割れる仕組みと方法について詳しく紹介していきます。

 

 

腹筋はすでに割れている!?

そうなんです。実はあなたの腹筋はすでに割れています。人の腹筋の形は遺伝で決まっており、すべての人の腹筋はその形に割れています。では、なぜお腹に線が入っていないのか?

答えは簡単で、割れた腹筋のうえに脂肪がついているからです。この脂肪がある限り、どんなに腹筋のトレーニングをしても、中の腹筋の形が見えてくることはありません。

例えば、お相撲さんの体は毎日鍛えているので、ものすごい筋肉が付いていますが、その上に脂肪もついているので、見た目からは腹筋も割れて見えず柔らかそうに見えますよね。

ちなみに、よくいわれるシックスパックも完全に遺伝によって腹筋がもともと6つに割れているのだけなので、腹筋をものすごく鍛えたからといって腹筋の割れ目が4つの人が6つにすることはできません。

自分の腹筋が何個に割れているのか、体脂肪を減らして確認してみたいですよね。

 

 

腹筋が見えるようにするには?

みんな腹筋は割れていることは分かってもらったと思いますが、では何をすれば腹筋を外から見えるようになるのでしょうか?

その方法は2つあります。

それは、①脂肪を落とすことと、②腹筋を鍛え筋肉を大きくすることです。

①の脂肪を落とすことによって腹筋の形を見やすくできます。

②の腹筋を鍛えて筋肉を大きくすることで、同じ体脂肪率でも腹筋をより割れて見えるようにできます。でこぼこの山の高さが筋肉の大きさによって変わることをイメージしてくれたらいいです。

毎日腹筋をしているのになかなか割れないという人は、②の腹筋を鍛えることにしか目を向けていない可能性が高いです。

 

ボディビルダーや筋トレを本気でやっている人は、まず「筋肉を鍛えて筋肥大させる」、その後に「体脂肪を落として、鍛えた筋肉を見えやすくする」という順番が一般的です。このとき、筋肉を大きくする時に、どうしても脂肪もついてしまいます。この方法だと多少脂肪がついてもいいから、まずは筋肉を大きくすることが基本です。私も筋トレを本格的に始めたいと思っている方には、この方法を勧めたいのですが、筋肉はそんなにつかなくてもいいから、早く腹筋を割りたいと思っている方にはそんなにお勧めはしません。

いったん、筋肉をつけるために脂肪も付くという過程がある以上、腹筋が割れるまでにある程度の時間がかかってしまうからです。それでは夏までの短時間で腹筋を割りたいと思っている人は間に合いません。

よって、もちろん腹筋を鍛えることは大切ですが、早く腹筋を割りたい時の優先順位は完璧に①の脂肪を落とすことです。

なので、腹筋を割りたい場合は、腹筋トレーニングをすると同時にダイエットも行わなくてはいけません。今回は、脂肪を落とす方法について大切なことを2点お伝えします。

 

 食事制限をする

 手っ取り早く腹筋を割りたいなら、最優先に食事制限をするべきです。お腹の脂肪があれば、せっかく鍛えた腹筋が外から見えることはありませんが、逆に脂肪が少なければ、そんなに腹筋がなくても割れて見えます。ということは、腹筋を割りたい場合は腹筋を鍛えることよりも、脂肪を減らすことに重点を置くべきです。

ではどうすれば、脂肪を少なくすることができるでしょうか。

そもそも一日で使い切れなかったエネルギーを体に蓄えるために変換されたものが脂肪です。つまり、足りないエネルギーを脂肪から補うようにすることで、脂肪を落とすことができます。そのためには以下のことが非常に重要になります。

              摂取カロリー<消費カロリー

          

摂取カロリーとは食べ物を食べることによって摂取するエネルギーのことであり、

消費カロリーとは一日の生活や運動で消費するエネルギーのことです。

摂取カロリーが消費カロリーよりも少ないと動くためのエネルギーが足りなくなります。では足りないエネルギーはどうするのか?それは脂肪を分解して、エネルギーに変えることで足りないエネルギーを補っています。これはダイエットの基本になることなのでぜひ、覚えていてください。

つまり脂肪を減らすためには、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすかのどちらか、または両方をする必要があります。

しかし消費カロリーを大幅に増やすことは、なかなか難しいです。それより摂取カロリーを減らすことの方が簡単で早いです。

なので脂肪を落とすためには食事制限が必要不可欠になります。

 ダイエットに関する食事内容や詳しい方法は近いうちに記事を出しますので楽しみにしておいてください。

 

腹筋以外の筋肉も鍛える

 腹筋を割りたくて、腹筋だけを鍛えている人は多いですが、実は腹筋を鍛えたからといってお腹がへこむことはありません。

腹筋のトレーニングは腹筋の筋肉を大きくすることはできますが、それに伴い脂肪を減らすという効果はないのです。

それはなぜか?

基本的に部分痩せは不可能だと言われているからです。

筋肉の場合、鍛えた部位だけが発達するという特性があります。例えば、腕を鍛えたからといって、脚が太くなることはありませんよね。逆に競輪選手は脚は太いけれど、上半身は普通の人が多いですよね。

しかし、脂肪の場合はどうでしょうか?脂肪の場合は、トレーニングした箇所から優先的に脂肪が減るということは起きません。脂肪が減るときは全体的に同じ分だけ減っていきます。例えばお腹の脂肪が1%だけ減るとすると、手や腕の脂肪も1%だけ減ります。

なので、「お腹周りの脂肪だけ落とせばいいのでは?」と思われていた方は、部分的に痩せることは基本的に無理だと理解してください。

筋肉と脂肪は性質が違うことを覚えておきましょう。

 

なので腹筋を割る場合は、全体の脂肪を落とすためにダイエットが必要です。

ダイエットをするとき、腹筋だけでなく、他の筋肉を同時に鍛えてあげる方が、より早く簡単に痩せることができます。しかも食事制限もそこまで厳しくやらなくても痩せることが可能になります。

 

筋肉が大きくなると、それに伴い代謝が高くなります。代謝とは生きるために必要なエネルギーのことです。つまり、代謝が上がるということは、消費カロリーが増えて痩せやすい体になることにつながります。

ということは、逆に筋肉が少なくなると、代謝も低くなり、痩せにくくなるわけです。

 

なので腹筋をしても部分やせしないなら、しなくてもよいと思われるかもしれないですが、筋肉を大きくする、または維持することで代謝があがり、痩せやすくなるので腹筋もしっかりしておく方が良いと思います。

 また腹筋だけでなく、他の筋肉も鍛えた方がより効果がでます。このときのポイントは大きい筋肉を優先的に鍛えることです。大きい筋肉を鍛えることで代謝も上がりやすく、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。脚、胸、背中などは他の筋肉よりも比較的おおきい筋肉に当たります。逆に肩や腕などはこれらの筋肉に比べると小さい筋肉になります。なので、大きい筋肉を優先的に鍛えるように意識してください。

 

しかし、筋トレ初心者は脚のトレーニングなど辛くていやだという箇所を鍛えようとしても続かないので、自分が鍛えたい箇所や、やっていて楽しい箇所の筋トレを優先的に鍛えればよいと思います。

特に筋トレ初心者は、無理に全身を鍛えなくても、まずは腹筋に加えて、自分の鍛えたい箇所を1カ所鍛えてあげれば十分です。

 

まとめ

 今回は腹筋が割れる仕組みと方法について紹介しました。

理論は簡単だけど、実際それを現実にするのは難しいですからね。

食事制限にしても、筋トレにしても続けることが一番大切です。

小さなことでもいいので、なんらかの結果が出るまでは頑張って続けてみてください。

小さな成功体験を積み重ねれば、楽しくなっていき、気が付くと大きな成功に変わっているはずです。

みなさんの頑張りを応援しています。

では、また。