コロナ氷河期に備えろ!コロナ時代を勝ち抜く就活5つのポイント

コロナウイルスが猛威を振るう中、就活を取り巻く環境が、大きく変化しようとしています。

これからの就活生が注意するべきポイントを理解して少しでも早めに準備することでコロナ時代の就活を上手に進めましょう。

 

今回は就活を勝ち抜く5つのポイントを紹介していきます。

 

 就活を勝ち抜く5つのポイント

できるだけ早めに就活準備をする

就活準備では具体的なアクションを起こすことが大切です。

就活を始めるきっかけは何でも大丈夫です。友達と相談したり、就職ガイダンスに参加するなど、何かアクションを起こしましょう。自分の興味や能力、価値観を整理していき、自分が活躍できる企業を探していきましょう。

どんな小さなことでもよいので、まずは第一歩を踏み出して、計画的に就活準備を始めましょう。

 

幅広い業界を選択肢に入れよう

就活を終えた先輩たちの中には、会社に入った後に後悔している人も少なくありません。

自己分析が足りていなかったせいで、就活の途中や企業に入って働いてから、自分が思ったような仕事と違うということが多々起こります。

経済環境の影響で企業の採用計画も変更になっていることが多いので、できるだけ幅広く、いろいろな企業を見ておくことが重要になります。

就活が本格的にスタートした後で、「もっといろいろな企業を見ておけばよかった」と後悔することがないようにしましょう。

 

企業の採用動向を気にする

 多くの就活生は「給与福利厚生」「仕事内容」 「本社所在地勤務地」などを、一番気にしていると思います。しかし、来年はぜひ 「募集職種」や「採用人数」にも注目してください。3月になると、 企業の採用情報が公開されますので、募集人数や募集職種は必ず確認するようにしましょう。

 

オンライン就活に備える

コロナ渦の影響により、会社だけでなく就活のオンライン化が進みました。会社説明会や面接をWEBで行う企業が一気に増加しました。もし、コロナウイルスが収まったとしても、コストや便利の面から最終面接以外はオンラインで実施するという企業が出てくることは安易に考えられます。WEBでインターンシップを実施する企業も増えていますので、積極的に参加してオンライン終活に慣れておきましょう。

 

リアルな情報に触れよう

企業や業界の情報は、本やネットの情報である程度理解はできますが、就活準備で大切なことは、リアルな情報収集を心がけることです。友達や先輩の話を聞いたり、インターンシップに参加することで、企業や業界のことを深堀して研究するようにしましょう。

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?

コロナウイルスによって社会は大きく変わり、もちろん就活にも大きな影響を与えています。しかし、それは就活生すべての人が同じ条件です。しっかりとした準備を早い段階からすることで、他の人と差をつけて、就活を有利に進めましょう。